化粧品の製造業許可・製造販売業許可の申請はHIKE行政書士法人へ!

化粧品製造業・製造販売業の許可申請を検討段階からサポート!

化粧品製造業許可・化粧品製造販売業許可の申請にあたって、 取り扱う化粧品・許可要件・組織内整備と検討要素は多岐にわたります。

HIKE行政書士法人では、許認可申請の専門家である行政書士により、 化粧品製造業・製造販売業のご検討段階から許可取得、営業開始までスムーズに進められるようサポートします!

HIKE行政書士法人のサポート内容としまして、以下のことを行っております。

取得許可の確認

まず、これから化粧品事業を行いたいと検討した際、どの許可を取得したらよいのか わからないとお悩みのお客様もいらっしゃると思います。

HIKE行政書士法人ではお客様がご検討されていることをお伺いし、事業内容に合った許可の申請をご案内いたします。

製品の成分チェック

化粧品は薬事法によって規制されており、製品の効用・成分によっては、医薬品・医薬部外品に分類されます。

HIKE行政書士法人では許可の取得にあたって、予め、取り扱いを検討されている製品が化粧品に該当するかどうかの 確認(成分チェック)を分析機関と連携の上行っております。

体制の整備

化粧品製造業者・製造販売業者には、化粧品を使用する消費者の方々に安全なもの・品質が保たれたものを提供できる基盤を整備し、 管理する体制が求められています。

化粧品製造業者が整備すべき事項

  • 責任者技術者の配置
  • 製造所の構造設備の確保

化粧品製造販売業者が整備すべき事項

  • 総括責任者・品質保証責任者・安全管理責任者、各責任者の配置
  • GQP・GVP手順書の作成
  • 記録様式の準備

これらの体制は化粧品製造業許可申請・製造販売業許可申請の際の要件であるとともに、許可取得後も営業をしていく上で 業者(お客様)に課されていく責務です。ただの申請要件として書類上まとめておけば良いというものではありません。

HIKE行政書士法人では、お客様のご要望に合わせ、運用しやすい各種手順書の作成、組織作りをしてまいります。

申請先(管轄官庁)とのやりとり

お客様が化粧品製造業・製造販売業の許可取得にあたり、検討されている組織形態・事業内容が 規定にないケース(官庁HPや手引書には書かれていないケース)もあるかと思います。

HIKE行政書士法人ではお客様に代わって管轄官庁への相談・交渉を行います。

費用・報酬額

化粧品製造業許可申請・化粧品製造販売業許可申請の費用・報酬は以下のようになります。

    化粧品製造業許可 申請代行

    HIKE行政書士法人報酬 ⇒ 162,000円(税込)

    ※申請手数料((許可区分:包装・表示・保管)の場合)32,800円

          ((許可区分:一般)の場合)      39,000円

     上記申請手数料と実費分は別途お預かりいたします。

    化粧品製造販売業許可 申請代行

    HIKE行政書士法人報酬 ⇒ 140,400円(税込)

    ※申請手数料 57,400円

     上記申請手数料と実費分は別途お預かりいたします。

    化粧品製造業許可+化粧品製造販売業許可 申請代行

    HIKE行政書士法人報酬 ⇒ 270,000円(税込)

    ※申請手数料
     化粧品製造業許可((許可区分:包装・表示・保管)の場合)32,800円

             ((許可区分:一般)の場合)      39,000円

     化粧品製造販売業許可                 57,400円

     上記申請手数料と実費分は別途お預かりいたします。

その他、上記に記載のない案件に関しましてもお見積もりいたします。

ご依頼・ご相談について

弊事務所では、初回面談からお客様のケースに即したお見積もりのご提示までを
無料で行なっております。まずはお気軽にご相談ください。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:木下 謙一
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:03-6423-7158(10:00~19:00 月曜日~土曜日)
お問い合わせボタン